ロハスな生活はこれからの主流



スローライフとロハス

 

 

私たちの生活の中には、ロハス的なモノ、つまり健康に配慮された商品やサービス、環境に配慮された商品やサービスで溢れています。そしてロハスの概念の中にもシンプルライフなど様々な要素が含まれていることに気付かされたりもします。

 

 

実際に各メディアで取り上げられるなどして話題になっていたりもするのですが、スローライフもロハスの概念の中に含まれると言えるでしょう。
スローライフが持つ意味合いとしては地産地消や歩行型社会を目的としたライフスタイルを挙げることができますが、この延長線上にはロハスがあると言えるのではないでしょうか。

 

 

また、スローライフと並んでスローフードというワードも世間から注目を集めています。
スローフードは地産地消という概念ではなく、運動として地域の食文化の歴史や食材を見直したり、食品そのものを示すワードとして用いられているのです。

 

 

これら2つのワードを広げて考えていくとロハスに行き着きますし、ロハスを考えていくとスローライフやスローフード的な考え方に行き着いたりするでしょう。

 

 

専門的に意味を追っていき、違いをシビアに見抜く作業をするよりは、それぞれのワードが持っている良さを取り入れるという考え方の方が素敵だと言えるのではないでしょうか。

 

 

ロハスが持つ健康や地球にやさしいという良さや、スローライフが持つ心豊かな暮らしという良さ、スローフードが持つ食品に対する考え方の良さなどを併せて考えて実践していくことで、非常に充実した毎日が過ごせるようになっていくことでしょう。